特集
» 2007年11月15日 14時00分 公開

Magi's View:ITマネジャーがAndroidに注意を払わなければならない5つの理由 (1/2)

Googleが発表したAndroidはご存じのことだろう。開発者たちは各自の玩具をGoogleの運動場に持って来るようにとの招待に飛びつくだろうが、IT部門は注意を払うことも忘れてはならない。その理由は5つある。

[Lisa-Hoover,Open Tech Press]
SourceForge.JP Magazine

 この1週間ずっとデータセンターに缶詰になっていたのでなければ、Googleの最新の事業のことは先刻ご承知だろう。Androidというオープンソースの携帯電話プラットフォームのことである。2年以上前にGoogleが謎めいた携帯電話ソフトウェア会社を買収したときには、Googleはそのうち携帯電話事業を始めるつもりだろうというのがおおかたの見方であった。憶測が熱狂に達したとき、Googleは携帯デバイスのオープンスタンダードを普及させたい旨を告知し、それを推進するためにAndroidを発表した。

 開発者たちは各自の玩具をGoogleの運動場に持って来るようにとの招待に飛びつくだろうが、IT部門は注意を払うことも忘れてはならない。その理由は5つある。

1) オープンソースコードが含まれているコンピュータソフトウェアを使用するのは、地雷原を抱えることになる可能性がある。Androidコミュニティーのクリス・デービス氏は次のように語る。「AndroidはLinuxを採用して(結局は)SDKを利害関係のある団体に公開することで、次のような危険を冒すことになる。すなわち、被害妄想的な管理者が、マルウェアが生態系に容易に持ち込まれる可能性を危惧して、扉をピシャリと閉めてしまうというものだ」。それに対し、セキュリティを専門とするMcAfeeは心配することはないという。セキュアなソフトウェアのコーディングに関してオープンソース製品はすでに大いに成功を収めている、というのがその理由だ。

2) CIOたちはオープンソースのプラットフォームとAPIをカスタム携帯アプリケーションと同一視するだろう。InformationWeekのコラムニストのリチャード・マーチン氏は次のように言っている。「Androidはオープンソースなので、企業は自社のニーズに合わせて自由に改変し、カスタマイズされた独自のアプリケーションを開発するだろう」。経営陣がカスタムアプリケーションを望むなら、IT部門は役目としてそうするだろう。

3) オープンソースに基づいた携帯デバイスは、BlackBerryやiPhoneといった同等の携帯電話機よりも低価格になるだろうから、IT部門はもともと乏しい予算の中に携帯電話機の勘定項目を無理やり押し込むはめになるかもしれない。Androidベースの電話機は少なくとも半年間は日の目を見るだろうが、そうだとしてもベンダー独自の電話機と同程度の価格にはなりそうもない。

関連キーワード

Magi's View | Google | Android | 携帯電話


       1|2 次のページへ

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -