特集
» 2007年11月20日 07時01分 公開

Programing Bible:開発者のバグ潰しに役立つMantis (1/3)

Mantisは、ソフトウェアにはつきもののバグが修正されるまで対処作業の進捗を確認するという完全なワークフローソリューションとして機能する。

[Federico-Kereki,Open Tech Press]
SourceForge.JP Magazine

 バグ(6本足のものであれコンピュータソフトウェアのものであれ)を追跡して潰すのには手間が掛かるため、役立つものはすべて活用する必要がある。Mantisは生きている昆虫に対してはまったく役には立たないものの、ソフトウェアのバグについては非常に役立つ。Mantisを使えば、エンドユーザーにとってはバグ報告や提案をすることができるようになり、開発者にとってはバグを担当者に割り当てて、最終的に問題が修正されるまで対処作業の進捗を確認するという完全なワークフローソリューションとして機能する。

 Mantisは、MySQLやPostgreSQLからMicrosoftのSQL Serverまで、よく使われているさまざまなデータベースで使うことができる。Mantisはクライアント/サーバ型のアプリケーションであり、Mantisのサーバソフトウェアをサーバマシン上にインストールする必要があるが、クライアントとしては任意のWebブラウザを使用できる。MantisはPHPで書かれているので、Linux、Windows、Mac OS Xに加えて、Mantisの基本的な要求条件を満たしていればそのほかのどのOSにもインストールできる。

 現在の安定版はMantis 1.0.8だが、バージョン1.1もリリース候補になっているので、おそらく近いうちに利用できるようになるだろう。なおMantisはGPLv2の下でリリースされている。

関連キーワード

バグ | テスト | セキュリティ | Programing Bible


       1|2|3 次のページへ

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -