レビュー
» 2007年11月29日 15時19分 公開

ホワイトペーパー:増大するスパムメールはフィルタリングだけでは防げない

増加および巧妙化しつつあるスパムメールの現状とその対策の概略を述べ、ネットワークにスパムが侵入するのを防止するレピュテーションサービスについて解説する。

[ITmedia]

 2007年現在、世界のメールトラフィックの約7割がスパムであり、2010年にはスパムメールの比率が79%になるといわれている。特に最近はスパムメールの手法も巧妙化し、有効な防御策を施すのは難しい。その対策の1つとして新しく開発されたのが、スパムメール送信者を識別し、その送信者が送ったメールをネットワークに到達させないよう防止する「レピュテーションサービス」だ。

 レピュテーションサービスを効果的に使うにはどうしたらよいのか。スパムメール検出率で高い実績を誇るトレンドマイクロが、スパムメール対策の現状とともに詳細に解説している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -