ニュース
» 2007年11月30日 17時50分 公開

キー・ポイント、ファイル保管システムにAIRを利用

オンラインストレージシステムなどを提供するキー・ポイントは、Adobe AIRによるファイル保管システム「Web私書箱」β版を発表した。

[ITmedia]

 キー・ポイントは11月30日、Adobe AIR(Adobe Integrated Runtime)の技術を用いたファイル保管システム「Web私書箱」β版の提供を開始した。同社サイトから無料でダウンロードできる。

「Web私書箱」の操作イメージ 「Web私書箱」の操作イメージ

 ユーザーは、ドラッグ&ドロップ操作だけでデスクトップ上にあるファイルを同システムに保管できる。システムはUSBメモリ鍵とパスワードで2重ロックされるため、アクセス時には認証キーとなるUSBメモリをPCに差し込む必要がある。

 システム容量は20Mバイトが割り当てられている。保存可能なファイル形式はMicrosoft Officeファイル形式やPDFで、画像ファイルなどには対応していない。編集部で試したところ、拡張子を変更することで画像ファイルなども保存できた。

 AIRは、特定のOSに依存しないランタイム。HTML/CSSをはじめ、JavaScript、Flash、Ajaxなどの技術と組み合わせることで、ブラウザを立ち上げずにデスクトップ上でWebアプリケーションを実行できる。

 正式版の提供は、AIR正式版がリリースされて以降となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -