ニュース
» 2007年12月11日 15時10分 公開

応用電子、シンクライアントに印刷データを残さない技術を開発

電子機器製造の応用電子は、データを漏えいせずにシンクライアント環境で印刷できる機能をUSBメモリ型シンクライアントに搭載した。

[ITmedia]

 応用電子は12月11日、ネットワーク接続されているコンピュータを遠隔操作するリモートデスクトップ上で安全に印刷できる新機能を、USBメモリ型シンクライアント「FKEY2007」に追加したと発表した。

 新機能は、PC上に印刷データをダウンロードせずに、印刷イメージだけをシンクライアントにつながるプリンタに送出する。印刷終了後はイメージがシンクライアントに残らない仕組みにした。

システム構成図 システム構成図

 従来シンクライアント環境での印刷は、データをサーバからダウンロードする必要があったため、情報漏えいなどが懸念されていた。

 同社はこの技術で特許取得を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -