ニュース
» 2007年12月14日 18時18分 公開

メトロ、中国への暗号化PC持ち込みを支援

メトロは、暗号化製品「Pointsec」をインストールしたPCの中国への持ち込み申請を支援する。

[ITmedia]

 メトロは12月14日、同社が販売するチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの暗号化製品「Pointsec」の中国国内への持ち込み許可申請に関する支援を発表した。

 中国では「商用暗号管理条例」という法令により、暗号化製品の生産や販売などが規制されている。暗号化製品をインストールしたPCを中国へ持ち込む際には許可が必要となる。申請手続きは中国の窓口でしかできず、中国語の書類を作成しなければならない。

 同社は、ユーザー企業から相談が寄せられた場合に日本と中国に拠点を持つ弁護士事務所を紹介する。弁護士事務所は、申請書類の作成や翻訳、申請の代行などを請け負う。同社経由の場合、弁護士への相談料は発生せず、60万円程度からの実費のみになるという。

関連キーワード

中国 | 暗号化


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -