ニュース
» 2007年12月21日 11時18分 公開

蒼天、低価格のPC管理ソフトを中小企業向けに提供

蒼天は管理対象のPCに常駐ソフトを導入せずに、操作ログの収集や運用管理、資産管理ができるPC管理ソフトウェアを中小企業向けに提供する。

[ITmedia]

 蒼天は12月20日、管理対象のPCに常駐ソフトを導入せずに、操作ログの収集や運用管理、資産管理ができるPC管理ソフトウェアを、中小企業向けに提供すると発表した。

 ソフトウェア名は「LogVillage2.0」。レンタル方式のサービス「LogVillage2.0 SMB」として同日から提供を開始する。LogVillage2.0 SMBを利用すると、内部統制などに必要となる管理環境を初期投資を抑えて整備できるという。

 対象PCが50台までは月額2万2000円、300台までの場合は月額7万9600円。運用方法や問題の解決方法に関する支援サービス、システムの定期チェック、オンラインリモートサービス「LogVillageソムリエ」を標準で提供する。

関連キーワード

運用管理 | 企業資産管理 | SMB


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -