ニュース
» 2007年12月27日 13時31分 公開

フレパー、仮想空間の構築に向けてIBMのブレードサーバを採用

フレパー・ネットワークスは、IBMのブレードサーバを活用し仮想空間サービスの実現を加速させる。

[ITmedia]

 キオスク端末を販売するフレパー・ネットワークスは12月27日、従来から取り組んでいる3次元仮想空間サービスの実用化に向けて、IBMのブレードサーバ「BladeCenter QS21」を採用したと発表した。

 BladeCenter QS21は、1CPUに9つのコアを持つマルチプロセッサ「Cell Broadband Engine(Cell/B.E.)」を搭載する。Cell/B.E.は、IBMの64ビットPowerアーキテクチャをベースにしたPPE(Power Processor Element)というコアとマルチメディア処理に適したSPU(SynergisticProcessor Unit)と呼ばれるコアで構成される。整数演算や浮動少数点演算はPC用のCPUに劣るが、画像処理、ストリーミング処理、レンダリングなどの性能は高い。

 フレパーは、同サーバを活用することでシームレスな動きが可能になる仮想空間システムの構築を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -