ニュース
» 2009年01月07日 00時00分 公開

Javaライブラリ「Apache Commons Digester 2.0」リリース

XMLファイルをJavaオブジェクトにマッピングできるJavaライブラリの最新版が発表された。Maven 2を利用して開発された初のバージョンとなる。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 Apache Software Foundationは1月4日、Javaマッピングライブラリの最新版「Apache Commons Digester 2.0」をリリースした。Apache License 2.0の下、プロジェクトのWebサイトからダウンロードできる。

 Commons Digesterは、XMLファイルをJavaオブジェクトにマッピングするツール。これにより、JavaアプリケーションはXMLデータファイルを容易に利用できるようになる。

 最新版では、最小要件のJDKがJDK 1.5となった。また、Apache Commons Collectionsクラスへの依存を削減し、Commons Logging 1.1.1とBeanUtils 1.8.0の組み合わせを推奨している。

 このほか、XMLスキーマのサポートを強化、W3C XML Schema、Relax NG、Schematronの利用が可能となったほか、XIncludeへの対応も強化した。

 Commonsプロジェクトは同時に、バグを修正したメンテナンスリリースとして「Digester 1.8.1」も発表した。

関連キーワード

Apache | Java | XML


Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -