レビュー
» 2010年10月29日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:プロジェクト成功の鍵は開発環境にあった 〜開発環境のムダを徹底的に排除する3つの方法とは?〜

Oracle E-Business Suite のプロジェクト成功の鍵を握る、開発フェーズにおけるテスト回数の確保。日本アイ・ビー・エム株式会社、ネットアップ株式会社、日本オラクル株式会社、株式会社エクサによる共同検証で見えてきたものは(提供:日本アイ・ビー・エム)。

[PR/ITmedia]

 プロジェクトを成功に導くためには、システム要件を適切に見極め、本番・開発環境の正しいサイジングをすることが非常に重要なことはいうまでもない。

 一方で、プロジェクト開始後、ビジネス要件の変更にともない、システム要件の変更が発生したり、IFRSのように制度そのものが確定していないプロジェクトの開発現場で、多くの担当者が抱える課題として、必要なときに必要なだけ、しかも低コストで開発環境を確保することができないか、という悩みをよく聞く。

 当ホワイトペーパーは、そんな悩みを解決し、開発環境のムダを徹底的に排除しながら、効率よくプロジェクトを進めるために事前に知っておくべき開発環境構築のポイントを、IBMのOEMパートナーであるネットアップ社のNetApp FAS ストレージシステムによる新しいアプローチを中心にまとめた。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1800点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ