ニュース
» 2012年02月04日 12時00分 公開

オルタナブログ通信:Facebook就活はもう古い? (2/3)

[森川拓男,ITmedia]

都心の雪

 道路に雪がある時にあえて自転車に乗ったりハイヒールで出かけたりするのは、不慣れを通り越して無謀なのではと思います。

 シャベルを買おう:てくてくテクネコ


 昨夏猛暑に襲われた日本列島が、強い寒波に襲われ記録的な大雪に見舞われている。長らく雨が降らず乾燥気味だった東京都心でも1月20日初雪を観測、そして23日夜から降り始めた雨は、夏目房之介氏「夏目房之介の「で?」」の雨は夜更けすぎに・・・・♪にあるように、いつしか雪にかわっていた。雨音が消えたと思って窓を開けたら、「久しぶりの雪景色」になったのだ。加山恵美氏「C'est la vie」のゆっきゆきーでは、そんな様子を撮った写真が紹介されている。豪雪地域と比較すると大したことはない積雪だが、都心部では大きな影響があった。

 坂本史郎氏「坂本史郎の【朝メール】より」のiPhone 4S(KDDI 3G)と3カ月、Galaxy S2 LTEと2カ月間、○と×(1)では、「15分ほど早めの朝4時半に家を出発。凍ったシャーベット雪をバリバリ踏みしめながら駅までウォーキング」をし、「所要時間としては通常の約2割増」で無事に駅に到着し、「電車もいつもどおりの運行」だったことが報告された。しかし、「緊張からきたのか、妙な疲労感」が足に残ったという。

 種田元樹氏「mtaneda ブログ」の雪に弱い東京の車にあるように、「普段から雪になれて、対策をしている北海道などと違い、東京はあまり雪が積もったりしないので、非常に雪に弱い」。自動車通勤の種田氏は「いつもより気持ちだけ早めに現場に出発」したものの、「すぐに大渋滞に巻き込まれ」、「下手をすると、1時間で500mくらいしか進めなかった」場所もあり、結局、通勤に4時間もかかってしまった。これには「正確には、『雪に弱い東京のドライバー』」だという大木豊成氏からのコメントが寄せられている。

 なにせ加藤和幸氏「てくてくテクネコ」のシャベルを買おうに書かれたように、「『首都圏、たった4センチで雪パニック…転倒、病院搬送662人』のような状況」になったのだ。

 加藤氏は「雪が降った時に転倒事故を減らす基本は、まず雪かき」とし、「こういうときこそお互いさまの精神で自宅前を雪かきしておきたい」という。「首都圏向けにお勧めしたい」ものとして加藤氏は、「金属製の刃が付いた土木工事用の普通のシャベル」を挙げている。「先端が尖っているタイプと平らなタイプがあります。雪かきに向いているのは平らなタイプです。これなら路面に薄く凍り付いた雪をガンガン突いて剥がすこと」ができるので、今回のような薄く積もって凍る雪に向いているという。さらにシャベルは、「地震等の災害で土砂に埋まってしまったときも活躍」するだけでなく、「手の届くところに常備していれば、自宅に不審者が侵入したときに戦う武器」にもなる。「ぜひ良いモノを1本買っておきたいところ」である。

ニックネームOK?

 多くの人が望んでいるのはコレジャナイ。パソコン通信(って知ってますか?)のように、ハンドル名だけでコミュニケーションしたいんだから。ハンドル名と本名の併記なんて、とんでもないことなんですよ。

 Google+の“ニックネームOK”に「コレジャナイ」の声:海外速報部ログ


 Facebookのブーム以降、SNSは実名でといった考えが1つの潮流になっているが、匿名で使いたいという要望も多い。そんな中登場した「Google+でニックネームが併記できるようになる」ことについて「多くの人が望んでいるのはコレジャナイ」と指摘したのが、佐藤由紀子氏「海外速報部ログ」のGoogle+の“ニックネームOK”に「コレジャナイ」の声だ。

 佐藤氏は「ハンドル名の利用ができないと、複数アカウントを使い分ける人が増えて、それは結果的にちゃんとターゲティングできなくなることにつながって、結局Googleにとってもユーザーにとってもデメリットになってる」と指摘し、「成り済まし防止のためには安易にハンドル名を認めないのが安全だとは思いますが、なんとか双方にとって納得のいく解決策はないものか」と考える。Google+では「本名でのアカウント作成が推奨されて」いること、「一度名前を変更すると、30日間は再変更できなくなる」ことは注意が必要だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -