レビュー
» 2013年06月13日 15時00分 公開

ホワイトペーパー:仮想化環境バックアップの落とし穴。増加する対象仮想マシンにどう対応すべきか

仮想マシンを簡単に設定し稼働できる仮想化環境はサーバーコストの削減と導入スピードの削減に寄与してきたが、その裏でデータバックアップ効率の低下という課題が浮かび上がってきた。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 従来の仮想バックアップソリューションでは仮想バックアップと物理バックアップの両方に、リソースを多く消費する場合があります。結果的にリカバリが不透明になり、ストレージが浪費され、バックアップが失敗することすらあります。

 このような状況をすべて変えるためには、可視性を高め、オンライン上の新しい仮想マシンに対して真にきめ細かなファイルリカバリ、重複排除、バックアップのロードバランシング、データ保護の自動化を実現しなくてはなりません。そのための解決手法と最新ソリューションをご紹介します。

従来型仮想化バックアップの課題や要望

  • 仮想システムと物理システムにまたがる重複データによりバックアップストレージ・テープが増加している。
  • 仮想マシン全体をコピーまたはマウントしないとリカバリできない。
  • VMware および Hyper-V バックアップのストレージを削減したい。
  • 仮想マシンのバックアップを高速化したい。
  • 1つのバックアップパスから様々なパターンでリカバリをしたい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -