ニュース
» 2018年11月23日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:IaaS比較は落とし穴ばかり 大手含む12のIaaSベンダーを比較

IaaS(Infrastructure as a Service)ベンダー選びは難しい。復旧性、ハイブリッドクラウドのサポート、データサービスなど、機能を慎重に評価する必要がある。大手含む12のIaaSベンダーの主な特徴をまとめた。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 自社のニーズに合ったIaaSを選ぶことは複雑で難しい。性能や価格がクラウドベンダー間で標準化されていないことがその一因だ。それでもIaaSを選ぶ場合は、さまざまな機能や要素を基に比較し、評価しなければならない。比較する機能や要素には、信頼性、地理的規模、価格、ハイブリッドクラウドをサポートする能力などがある。本コンテンツでは、下記のクラウドについて比較ポイントを紹介する。

 大手ではAmazon Web Services(AWS)、Google(Google Cloud Platform)、IBM(IBM Cloud)、Microsoft(Microsoft Azure)、Oracle(Oracle Cloud Platform)。新興または特定用途向けクラウドの企業では1&1、Alibaba Cloud、CenturyLink、DigitalOcean、Huawei、OVH、Rackspaceを紹介する。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ