ニュース
» 2019年03月01日 07時00分 公開

ブロックチェーンで留学生の日本語学習データを記録 語学力の正確な把握に活用――ソニー、富士通らが実証実験へ

ソニー・グローバルエデュケーション、富士通らは、外国人留学生の講座の受講履歴や成績証明の管理にブロックチェーンを活用する実証実験を開始。改ざん不可能な信頼性の高い受講データを基に、個々の語学能力を正確に把握することで、留学後の適切な教育支援が可能になるという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ソニー・グローバルエデュケーション(SGED)、富士通、富士通総研は2019年2月27日、外国人留学生の日本語講座の受講履歴や成績証明の管理にブロックチェーンを活用する実証実験を開始した。

 外国人就労者や留学希望学生は、日本語の語学力を証明するため、来日前に日本語の講座受講歴や検定試験の結果などを受入先の教育機関や企業団体に提出する。ただし、受入側での真偽確認は難しく、実際の語学力を伴わないために、来日後に本人の能力に見合った適切な教育を施せず、その後の就労を支援できなくなるケースも発生するという課題があった。

Photo 実証実験のイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -