連載
» 2019年03月04日 08時00分 公開

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(12):Windows 10のアップデートがよく失敗するんですが、どうすればいいですか? (1/4)

これからWindows 10を全社導入するという企業も多いと思いますが、「アップデートがよく失敗する」「なぜか古いバージョンに戻ってしまう」といったトラブルに見舞われてしまうケースも少なくありません。今回はこうしたトラブルの解決方法を解説します。

[松尾太輔,ITmedia]

 こんにちは。横河レンタ・リースで、ソフトウェアの製品開発を担当している松尾太輔です。

 Windows 7のサポート終了まで1年を切りましたが、2019年もWindows 10関連のニュースは落ち着きそうにありません。Microsoftは、2月14日(米国時間)にWindows 10 20H1の新たなテストビルドをWindows InsiderのSkip Aheadリング向けにリリースしました

 まだ、2019年前期の大型アップデート「19H1(正式には1903という名称になるようです)」が開発中という段階で2つ先、つまり1年以上先のアップデートのテストバージョンが登場したということになります。これだけ動きが早いということは、大きな変更が予想されます。開発者としても、キャッチアップするのが大変でしょう。

 さて、今回は前回の記事に引き続き、Windows 10移行に関してよく聞かれる疑問や悩みに答えていきます。少し細かい技術的な話になるかもしれませんが、お付き合いいただければ幸いです。

質問1:「Windows 10のアップデートがよく失敗するんですが……」

 まずはこちらのお悩みから。あくまで私の感覚値ですが、100台中5台くらいの割合でWindows 10のアップデートに失敗してしまう印象です。仕事柄、実際にPCを運用しているさまざまな企業からお話を伺いますが、おおむね皆さん同じような感覚を持っているようです。ちなみに、Feature Update(FU=機能更新プログラム)だけではなく、Quality Update(QU=品質更新プログラム)も失敗することがあります。

 アップデートに失敗しても、下図のようにエラーコードしか出てこないので、ユーザーからすれば原因がさっぱり分からないことが多いです。しかも、エラーメッセージが目立たないため、気付いたらアップデートに失敗していて、長い間放置されていた――なんてケースもあり得ます。

photo 実際に筆者のPCでアップデートに失敗した際の画面。何度リトライしても失敗しました

 自分が調べた限りでは、アップデートに失敗する理由は「ローカルストレージの空き容量不足」と「Windows Updateデータベースの破損」の2つが多いようです。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -