ニュース
» 2019年04月09日 07時00分 公開

地域の交通を連携させる「小田急MaaS」実現へ? 小田急電鉄とヴァル研究所、共通データ基盤開発を発表

小田急電鉄とヴァル研究所は、MaaS(Mobility as a Service)アプリに交通データなどを提供するオープンなデータ基盤を共同開発する。他の交通事業者や自治体も活用できるように公開し、小田急電鉄の自社サービスと連携したMaaSの普及、拡大を推進する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 小田急電鉄とヴァル研究所は2019年4月4日、鉄道やバス、タクシーなどの交通データや、フリーパス、割引優待などの電子チケットを提供するためのオープンな共通データ基盤「MaaS Japan(仮称)」を共同で開発すると発表した。

 MaaS Japanを利用する専用のMaaS(Mobility as a Service)アプリケーションも開発し、2019年末までに箱根エリアと新百合ヶ丘・町田エリアで、利用者のニーズなどを確認する実証実験を実施する計画。MaaS Japanの名称は、小田急電鉄が商標登録出願中だ。

Photo 「MaaS Japan(仮称)」のシステム構成イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -