速報
» 2019年04月10日 12時00分 公開

さよならShockwave Player――Adobe Systemsが複数製品のセキュリティアップデートを公開

Adobe Systemsは、Adobe Flash PlayerやAdobe Acrobat Readerなど複数製品のセキュリティアップデートを公開した。またAdobe Shockwave Playerのサポートは同日の2019年4月9日で終了する。既にmacOS版は2017年3月で提供を終了しており、今回のWindows版でAdobe Shockwave Playerの提供は全て終了する。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Adobe Systemsは2019年4月9日(現地時間)、「Adobe Flash Player」「Adobe Acrobat」「Adobe Acrobat Reader」「Adobe Shockwave Player」などのセキュリティアップデートを公開し、多数の深刻な脆弱(ぜいじゃく)性を修正した。

Adobe Product Security Incident Response Team (PSIRT) Blogのセキュリティアップデートに関する投稿

 Adobe Systemsのセキュリティ情報によるとAdobe Flash Playerは、Windows、macOS、Linux、Google Chrome OS向けのセキュリティアップデートで2件の脆弱性に対処した。このうち1件は任意のコード実行に利用される恐れがあり、緊急度は同社の3段階評価で最も高い「クリティカル」に指定。優先度はWindowsやmacOSで「2」、Linuxでは「3」に位置付けている。

 Adobe AcrobatやAdobe Acrobat Readerのセキュリティアップデートは、WindowsとmacOSを対象として公開され、計21件の脆弱性が修正された。多数が「クリティカル」の緊急度に分類され、悪用されれば任意のコードを実行される可能性が指摘されている。優先度はWindows、macOSとも「2」となっている。

 Adobe Shockwave Playerは、Windows向けのセキュリティアップデートで7件の脆弱性に対処した。いずれも緊急度は「クリティカル」、優先度は「2」に分類されている。

 なお、Adobe Systemsはこの日をもってWindows向けAdobe Shockwave Playerの提供を終了する。既にmacOS版は2017年3月で終了しており、今回のWindows版の提供終了で、Adobe Shockwave Playerの提供は全て終了する。

 Adobe Systemsはこの他にも、「Adobe Dreamweaver」「Adobe XD」「Adobe InDesign」「Adobe Experience Manager Forms」「Adobe Bridge CC」の各製品についてセキュリティ情報を公開し、ユーザーに対して最新版への更新を促している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -