ニュース
» 2019年04月12日 10時50分 公開

不適切動画をAIでフィルタリング、映像・音声の分割で精度向上――Hmcommとイー・ガーディアンが共同開発

投稿監視やソーシャルリスニングなどを手掛けるイー・ガーディアンと、AIによる音声処理技術を用いたサービスを提供するHmcommは、AIによる動画監視フィルタを共同開発する。動画内の映像と音声を別々に切り出して精査し、不適切なコンテンツを高精度に検出する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 イー・ガーディアンとHmcomm(エイチエムコム)は2019年4月11日、拡大する動画配信サービス市場の健全化に向け、AIを活用した「リアルタイムAI動画監視フィルタ」を共同開発すると発表した。

Photo 「リアルタイムAI動画監視フィルタ」の概要

 動画共有サービスや動画投稿アプリ、ライブコマースなど、ユーザーが動画を投稿できる配信サービスが増え、インターネット動画の需要が広がる中、著作権侵害などの違法動画投稿の増加も社会問題になっており、ソーシャルメディアのプラットフォーム企業は違法コンテンツ排除の対応に追われるなど、有効策が求められている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -