ニュース
» 2019年05月14日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:「セキュリティ責任者」がすぐに辞めてしまう“本音の理由”

最高情報セキュリティ責任者(CISO)の役割が重要性を増している。にもかかわらず、定着率は高くないという。CISOは、何を理由に辞めていくのか。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 慢性的なセキュリティ人材不足と同等、もしくはそれ以上に深刻なのが、企業のセキュリティ対策を統括する「最高情報セキュリティ責任者」(CISO)の定着問題だ。デジタル技術を活用して新ビジネスの創出やビジネス変革に取り組む「デジタルトランスフォーメーション」(DX)の取り組みが広がり、企業活動にITが果たす役割が大きくなる中、セキュリティ対策の重要性も高まっている。セキュリティ対策のかじ取り役となるCISOがころころ変わるようでは、企業活動にもたらす影響が無視できなくなる。

 CISOがなかなか定着しない原因は、どこにあるのか。TechTargetジャパンの関連記事をまとめた本資料は調査結果を基に、CISOが会社を去る主な理由を紹介。併せて、セキュリティ対策への人工知能(AI)技術の応用が広がる中で、CISOが検討すべき課題を整理する。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -