ニュース
» 2019年05月14日 12時00分 公開

AI Zinraiが「会議の発言録自動生成」や「オペレーターのナレッジ検索」を支援――富士通から業務支援の新ソリューション

富士通がAI技術「Zinrai」を活用した業務支援ソリューションの新ラインアップを発表。会議の発話者を区別しながら自動で文字起こしをする「Zinrai TalkVisible」と、コンタクトセンターのオペレーターの効率的なナレッジ検索を支援する「Zinrai Contact Center Knowledge Assistant」の提供を開始する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 富士通は2019年5月13日、AI(人工知能)を活用して業務のデジタル革新を支援するソリューションとして、「FUJITSU AI Zinrai TalkVisible」「FUJITSU AI Zinrai Contact Center Knowledge Assistant」の2種類を開発したと発表した。同社のAI技術「FUJITSU Human Centric AI Zinrai」の製品として、2019年5月末から販売を開始する。

 FUJITSU AI Zinrai TalkVisible(以下、Zinrai TalkVisible)は、ボイスレコーダーなどで録音したデータから発言内容を自動でテキスト変換し、会議録の作成を支援するソリューション。

 ディープラーニングにより、録音データから環境音などのノイズを除去して発話者を識別し、それぞれの音声をテキスト化。あらかじめ個々の音声を登録しておくことで、発言内容と発話者がひも付けされる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -