ニュース
» 2019年05月21日 07時30分 公開

ソニーとMicrosoft、クラウドゲーミングやAI分野で戦略的提携――Azure活用でユーザーに“新たなエンタテインメント体験”を

ソニーとMicrosoftは、ゲームストリーミングサービスやAIソリューションの分野で戦略的提携を発表。ゲームやコンテンツのストリーミング向けクラウドソリューションを共同開発する他、MicrosoftのAIを活用したインテリジェントイメージセンサーやコンシューマー向け製品の開発を目指す。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ソニーとMicrosoftは2019年5月17日、「Direct to Consumer(DTC)」のエンタテインメントプラットフォームとAIソリューションの領域で、新たなユーザー体験を開発するためのパートナーシップに関する意向確認書を締結したと発表した。

Photo ソニー 社長兼CEO 吉田憲一郎氏(左)とMicrosoft CEO サティアナデラ(右)

 両社は、この意向確認書に基づき、それぞれのゲームやコンテンツのストリーミングサービスでの用途を目的とした新たなクラウドソリューションを「Microsoft Azure」を活用して共同開発する。

 また、ソニーのゲームやコンテンツのストリーミングサービスに、Azureのデータセンターベースのソリューションを利用することも検討していく。

“ライバル同士”がなぜ? ――両社が手を組む狙いとは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -