ニュース
» 2019年06月10日 07時00分 公開

“RPA+ジョブ管理”が可能な統合管理ソリューションが登場

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、RPAの統合管理ソリューション「RPAplus」を開始。RPAとジョブ管理を統合し、PCの特定業務を自動化するだけでなく、一連の業務プロセスも自動化できる。部門を超えて連携した一連のビジネスプロセス全体の管理も可能になる。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2019年6月6日、RPA(Robotic Process Automation)のロボットを効率的に管理する統合管理ソリューション「RPAplus」の提供を開始した。

 RPAplusは、米UiPathのRPAソフトウェア「UiPath」と、日立製作所の統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」を組み合わせ、CTCが連携プログラムを独自開発してパッケージ化したソリューション。RPAとジョブ管理を統合することで、クライアント環境における特定業務の自動化だけでなく、複数クライアント間やバックオフィス業務と基幹業務をつないだ一連の業務プロセスを自動化し、一元管理できる。

 一般的にRPA管理ツールはRPAで自動化した業務のみを管理するが、RPAplusでは部門を超えて連携した一連のビジネスプロセス全体の管理も可能になるという。

Photo 「RPAplus」は、「UiPath」と「JP1」を連携させた総合自動化環境を提供。JP1には、RPAが実行する業務を含め、PCで行う定型業務の実行スケジュールや実行順序を制御する「JP1/CPA(Client Process Automation)」と、JP1/CPAが実行する複数の業務の実行順序や実行状況を一元管理する「JP1/CPA for AJS3(Automatic Job Management System 3)」の2つが含まれる(出典:伊藤忠テクノソリューションズ「RPAplus」製品ページ

「RPAplus」の内容とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -