ニュース
» 2019年06月28日 07時00分 公開

世界のAR/VR市場、年率78.3%の急成長で2023年に16兆円超えへ 日本は健闘も市場開拓に課題――IDC予測

IDCは、世界AR/VR関連市場は、2023年に1606.5億ドル規模に達すると予測。ビジネス/公共分野での活用が市場をけん引すると見ている。一方、国内は2023年に約34億ドルと予測するも伸びは鈍く、新たな市場開拓が求められると指摘する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2019年6月26日、世界のAR(拡張現実)/VR(仮想現実)のハードウェア、ソフトウェア、関連サービスの2023年までの市場予測を発表した。

世界のAR/VR市場は2023年に1606.5億ドル規模へ

 世界のAR/VRのハードウェア、ソフトウェア、関連サービスを合計した支出額は、2018年は89.0億ドルで、2019年には168.5億ドルに拡大。2023年には1606.5億ドルに達する見通しで、2018年から2023年にかけての年間平均成長率(CAGR)は78.3%と、高い成長が見込まれるという。

 AR/VR関連支出の成長の大部分は、ビジネス/公共分野の投資の加速によってもたらされると予測。2018年から2023年にかけて、最も高い伸びが期待できるのは「金融」(CAGR 133.9%)と「インフラ」(CAGR 122.8%)で、「製造業」と「公共部門」がほぼ同レベルのCAGRでこれに続くと分析する。

 一方、消費者分野のCAGRは52.2%にとどまると見ている。

世界のAR/VR関連市場・用途セクター別支出額予測 2023年(単位:億米ドル)(Source:IDC Japan, 6/2019)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -