ニュース
» 2019年07月11日 08時24分 公開

カメラで自動顔認証、電子申告ゲートを国内6空港の税関検査場に導入 NEC発表

カメラの位置を意識せず、ゲート内を歩くだけで本人確認が完了する。既に成田国際空港第3旅客ターミナルで運用されており、新たに新千歳空港、成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港に導入される。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NECは2019年7月10日、財務省税関から税関検査場電子申告ゲートを受注したと発表した。同システムは同年4月15日から成田国際空港第3旅客ターミナルで運用されている。今回新しく、新千歳空港、成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港の税関検査場に導入され、2020年3月以降に運用を開始する予定だ。

税関検査場電子申告ゲートのイメージ 税関検査場電子申告ゲートのイメージ(出典:NEC)

入国旅客の9割が利用する空港へ導入、訪日外国人への対応は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -