速報
» 2019年09月05日 09時49分 公開

ソニー含む大手各社のAndroidスマートフォンにフィッシングリスク 無線経由で設定変更される恐れ

セキュリティ企業のCheck Pointによれば、この問題は無線経由でスマートフォンの設定を行う「OTAプロビジョニング」に関係する。ユーザーの通信データが攻撃者の制御するプロキシを通過するように設定を変えさせることも可能。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 イスラエルのセキュリティ企業Check Point Software Technologies(以下、Check Point)は2019年9月4日、ソニーやHuaweiなど大手メーカーのAndroidスマートフォンに、高度なフィッシング詐欺攻撃に利用されかねない問題が見つかったと発表した。

Huaweiユーザーに表示されるPIN認証メッセージ Huaweiユーザーに表示されるPIN認証メッセージ

 この問題を悪用すればユーザーをだまして、全てのインターネットトラフィックが攻撃者の制御するプロキシを通過するように設定を変更可能だとしている。

携帯電話会社になりすました攻撃を、ユーザーは見抜けない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -