ニュース
» 2019年10月17日 11時00分 公開

暗号化した機密情報の類推を防止 データ利活用の安全性強化へ――富士通研究所、DB向けに開発

富士通研究所は、パーソナルデータや機密データを含むデータベースの安全性を強化する技術として、「暗号化した機密情報の類推を防止する技術」を開発。データベースに最小限のダミーデータを追加することで、データベース上の登録数をかく乱し、元データの類推を防止する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 富士通研究所は2019年10月16日、「暗号化した機密情報の類推を防止する技術」を開発したと発表した。

 今回開発した技術は、データベース(DB)と検索内容を暗号化したまま照合できる従来の秘匿検索技術を拡張し、DBに最小限のダミーデータを追加することで、DB上の登録数をかく乱し、暗号化されたデータから元データの類推を防止する。

 これにより、クラウド上など、さまざまな場所で管理されるパーソナルデータや機密データを暗号化したDBをより安全に活用できるという。

Photo 新開発したデータの類推を防止する技術

「暗号化した機密情報」実は類推可能――どう防ぐのか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ