ニュース
» 2019年10月23日 08時10分 公開

AIで契約書の内容を審査、NTT-ATが「インテリジェント契約チェッカー」を提供開始

ユーザーが設定したチェック項目に基づいて、AIが契約書の内容を抽出する。日本語の自然言語処理技術と組み合わせて文章の表現を把握し、人間の判断を支援するという。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は2019年10月21日、人工知能(AI)を活用した契約書の社内審査支援システム「インテリジェント契約チェッカー Version1」の提供を開始すると発表した。

 システム構成図 システム構成図

 NTT-ATと共同で同システムの検討をしてきたNTT西日本が、ファーストユーザーとして導入する。

AIが契約書の特徴を抽出して、人間の判断を支援

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ