速報
» 2019年11月01日 08時34分 公開

通信会社からSMSなどの情報を盗む新手のマルウェア発見、中国が関与か

FireEyeによると、通信事業者のトラフィックを傍受して、特定のメッセージや電話番号などの情報を盗もうとする新手のマルウェアが見つかった。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 米国のセキュリティ企業FireEye Mandiant(以下、FireEye)は2019年10月31日、通信事業者のトラフィックを傍受して、特定のメッセージや電話番号などの情報を盗もうとする新手のマルウェア「MESSAGETAP」の発見を発表した。

MESSAGETAP 出典:FireEye

 FireEyeはこのマルウェアについて、中国政府が関与する集団「APT41」が通信事業者に仕込んだものと推定している。

狙いは中国の反体制派か?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ