ニュース
» 2019年11月19日 08時00分 公開

プレミアムコンテンツ:“脱メール”の夢は「Slack」で本当にかなうのか?

組織のコミュニケーション手段として広がりを見せる「Slack」「Skype for Business」「Microsoft Teams」などのコラボレーションツール。こうしたツールは、メールの代わりになるのだろうか。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 ビジネスの主要なコミュニケーションツールと言えばメールだったが、近年は「Slack」などのコラボレーションツールをコミュニケーション手段として重視する組織が少なくない。メールと比べて、メッセージのやりとりやファイルの共有を手軽に実現できるためだ。

 社内に閉じたコミュニケーションに限らず、最近では社外との連絡手段としてこうしたコラボレーションツールを活用するケースが目立ってきた。そこで疑問が生じる。「コラボレーションツールはメールの代わりになるのかどうか」という問題だ。メールを使ったコミュニケーションの煩雑さにうんざりしていた人にとって、メールからの脱却がかなうとすれば大きなメリットになる。

 本資料は、Slackや「Microsoft Teams」「Skype for Business」といった主要コラボレーションツールの利用実態と、メールの代わりにコラボレーションツールを導入すべき理由などを紹介する。メールを中心としたコミュニケーション手段に疑問を感じている人に、ぜひ読んでもらいたい。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ