ニュース
» 2019年11月20日 10時00分 公開

データ保護、ガバナンスのニーズ増 2023年の「暗号化/鍵管理」市場は160億円規模に成長へ――IDC調べ

IDC Japanによると、情報保護対策製品の市場成長率は堅調に推移し、2023年には「暗号化/鍵管理」は160億円、「情報漏えい対策」は57億円、「eディスカバリー(電子情報開示)ソフト」は73億円規模に達する見込み。その背景には、DXの推進や世界的な情報セキュリティのニーズの高まりがある。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2019年11月19日、「情報保護管理/ガバナンス製品」の2019〜2023年の国内市場予測を発表した。

 IDCの定義では、情報保護管理製品には、「情報漏えい対策(Data Loss Prevention:DLP)製品」「エンドポイント暗号化製品」「セキュアメッセージング(暗号化)製品」「鍵管理製品」「エンタープライズライツマネジメント(Enterprise Rights Management:ERM)システム」「セキュアなドキュメント共有やコラボレーションなどの情報保護対策機能」が含まれる。

 また、情報管理に対するガバナンスを強化する製品には、情報管理に対するガバナンスを強化する「eディスカバリー(電子情報開示)アプリケーションソフトウェア」が含まれる。

 今回の調査では、情報保護対策製品の「暗号化/鍵管理」と「DLP」、ガバナンス強化製品の「eディスカバリーソフト」について、2019〜2023年の国内市場規模(売上額ベース)の予測分析を行った。

2023年までに「暗号化/鍵管理」市場は160億円規模、「情報漏えい対策(DLP)」市場は57億円規模へ

 分析の結果、暗号化/鍵管理市場の2018〜2023年の年間平均成長率(Compound Annual Growth Rate:CAGR)は3.3%で、市場規模は2018年の136億円から、2023年には160億円に拡大すると予測している。

 また、DLP市場は、2018〜2023年の市場規模は、2018年の56億6600万円から、2023年には56億7200万円と、ほぼ横ばいで推移するとみている。

Photo 2016〜2023年の国内情報保護管理/ガバナンス市場の製品セグメント別売上額予測(売上額ベース、Source:IDC Japan, 11/2019)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ