ニュース
» 2019年11月26日 18時00分 公開

NSSOL、製造現場のDXを推進する「ローカル5G」構築サービスを開始

日鉄ソリューションズは、IoTを活用した情報収集の基盤となる自営無線網(ローカル5G/プライベートLTE)サービスの提供を2020年1月に開始する。日本製鉄の室蘭製鉄所への導入に向けて検討が始まっている。

[ITmedia]

 製造業においてIoT(Internet of Things)に注目が集まるのは、現場作業員や現場設備をネットワークと接続することで、より多くのデータを収集して活用したいというニーズがあるからだ。その背景には労働人口の減少やベテランのリタイアなどの事情がある。

 日鉄ソリューションズ(NSSOL)は2019年11月26日、情報収集や活用基盤となる自営無線網(ローカル5G/プライベートLTE)サービスの提供を2020年1月に開始すると発表した。ユーザー企業が自営無線網を導入して利用する際に必要となる無線免許の申請、構成する機器類のマネージドサービスなど、導入検討段階から構築、運用までの一貫したサービスを提供する。

NSSOL利用イメージ 製造現場におけるローカル5Gの利用イメージ(出典:NSSOL)

ローカル5GはWi-Fiと比べて何がいいのか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ