ニュース
» 2019年11月29日 08時00分 公開

プレミアムコンテンツ:中小企業の「BCP/DR」 解決すべきはカネの問題だけじゃない

中小企業が大企業と同レベルの事業継続性を実現しようとすれば、当然ながらヒト・モノ・カネの問題にぶつかる。ただし近年はサービスの進化によって、大企業に匹敵する対策も不可能ではなくなっている。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 「災害時にシステムが止まっても、可能な限り迅速にシステムにアクセスできるようにしたい」というニーズは普遍的なものだ。だからこそ中小企業も、大企業と同じレベルで事業継続計画(BCP)や災害復旧(DR)を考える。

 BCP/DRを実現しようとするとき、中小企業は大企業よりも予算や人員、時間の問題に直面しやすい。近年はさまざまなクラウドサービスが普及しており、中小企業でも大企業に匹敵するBCP/DRを立案するチャンスがある。一方で、クラウドにデータを預けているからこそ「クラウドのデータをどう守るのか」という点を考察しなければならない。

 ヒト・モノ・カネの課題を前提として、BCP/DRに取り組みたい中小企業はどのような手段を講じるべきか。クラウドサービスを活用するとして、そのサービスを運用するデータセンターでの有事に備えて何をすべきか。本資料は、中小企業がBCP/DRを実現する際に検討すべき要素を解説する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ