ニュース
» 2019年12月27日 10時28分 公開

法人向けのネットワークセキュリティ市場は継続的に拡大、富士キメラ総研が調査結果発表

富士キメラ総研が、法人向けのネットワークセキュリティ製品およびサービスの国内市場の調査結果を発表した。2018年度の市場規模は5016億円。継続的な拡大が予想され、2023年度の市場規模は6617億円に成長する見込み。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 富士キメラ総研は2019年12月26日、法人向けのネットワークセキュリティ製品およびサービスの国内市場の調査結果を発表した。

 2018年度の市場規模は5016億円。内訳はセキュリティ製品が2900億円、セキュリティサービスが2116億円だった。2019年度はセキュリティ製品が3124億円、セキュリティサービスが2255億円で、合計5379億円になる見込み。

市場は堅調に拡大、需要に対応しきれない状況や内製化の動きも

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ