ニュース
» 2020年01月08日 15時08分 公開

SAPジャパン、SAP Cloud PlatformサービスをAzureの東日本リージョンで提供開始

ついにAzure東日本リージョンでSAP Cloud Platformサービスの提供が始まった。統合製品と業種別ソリューションのユーザーは、SAP ERPのオンプレミスエディションからSAP S/4HANAへスムーズに移行できるという。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 SAPジャパンは2020年1月7日、「SAP Cloud Platform」のサービス提供開始を発表した。2019年10月にSAPとMicrosoftが発表した提携プログラムの一環で、「Microsoft Azure」(以下、Azure)の東日本リージョンで提供される。SAPジャパンは同サービスによって、Azureでの「SAP S/4HANA」と「SAP Cloud Platform」の利用を推進するとしている。

 SAP Cloud Platformは「SAP HANA」をベースとしたPaaS(Platform as a Service)。Azureで提供されることで、統一されたリファレンスアーキテクチャやクラウド移行のロードマップなどを用意するため、統合製品だけでなく業種別ソリューションのユーザーも、オンプレミスのSAP ERPからSAP S/4HANAに以降しやすくなる。また、AzureとSAP Cloud Platformのサポートが一元化され、スムーズな移行が図れる。

デジタル化へのロードマップを策定、ユーザー企業のDX推進を支援

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ