速報
» 2020年01月31日 09時27分 公開

「コロナウィルス感染が○○県で報告」の日本語デマメール多発、添付ファイルにマルウェア

「感染予防対策についてよろしくお願いいたします」などの文言で添付ファイルを開くよう仕向け、マルウェアに感染させようとする日本語のメールが見つかった。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの流行に関連して、IBMのセキュリティ部門X-Forceは「対策を呼び掛ける通知を装って、コンピュータウイルスに感染させようとする日本語の悪質なメールが出回っている」と伝えた。情報処理推進機構(IPA)も「『Emotet』と呼ばれるウイルスへの感染を狙うメールについて」として、同様の警告を発信している。

Emotet 新型コロナウイルスを題材とした攻撃メールの例(出典:IPA)

 X-Forceによれば、問題のメールは「通知」という件名で届いており、添付のWordファイルを開くよう仕向けてトロイ型マルウェア「Emotet」に感染させようとする。

具体的な地名や実在する保健所の名称で撹乱、ただし不審な誤変換も

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ