速報
» 2020年02月21日 10時13分 公開

Google、悪質な広告を表示するアプリ600本を削除 不正検出の新技術を開発

ユーザーの意図しないところで電話発信や端末ロックの解除をしたり、地図アプリのナビゲーション機能を使っている最中に全画面広告を表示したりといった手口を「悪質」と判断して削除した。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Googleは2020年2月20日、新開発の技術を使って不正なアプリを見つけ出し、約600本を公式アプリストア「Google Playストア」から削除した他、同社の広告プラットフォーム「Google AdMob」「Google Ad Manager」から締め出したと発表した。

Google Security Blog Google Security Blog(出典:Google)

 Googleは削除したアプリに対し「破壊的な広告や割り込み広告を禁じる規定に違反した」と述べている。

新技術で削除した悪質アプリ、昨今の手口は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ