速報
» 2020年03月25日 09時41分 公開

子供向けアプリなど56本にマルウェア、Google Playストアから削除

マルウェア「Tekya」が仕込まれていたアプリは56本。そのうち24本は子供向けアプリ、残りは電卓や翻訳などの実用アプリだった。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 セキュリティ企業のCheck Point Software Technologies(以下、Check Point)は2020年3月24日、マルウェアを仕込んだ不正なアプリが56本、Googleの公式アプリストア「Google Playストア」を通じて提供されているのが見つかったと伝えた。

マルウェアが発見されたアプリ マルウェアが発見されたアプリの例(出典:Check Point)

 Check Pointのブログによると、今回見つかったマルウェア「Tekya」は、56本のアプリに仕込まれており、世界で100万回近くダウンロードされていた。いずれも正規の人気アプリのクローンにマルウェアを隠したもので、このうち24本は子供向けのパズルやレーシングゲームなどのアプリ、残りは電卓や翻訳などの実用アプリだった。

マルウェア「Tekya」の狙いと今後のリスクとは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ