ニュース
» 2020年04月16日 12時12分 公開

イオングループの小売事業、経営管理基盤にSAP HANAを活用

傘下のイオンアイビスにSAP HANAを導入し、経営基盤システムの一部に導入、活用しているという。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 SAPジャパンは2020年4月15日、イオンアイビスがインメモリデータベース「SAP HANA」を導入し、活用していると発表した。イオンアイビスはイオングループのシステム開発や運用を担う。同社は、イオングループの国内小売事業の経営管理基盤システムの一部にSAP HANAを活用する。

イオンアイビスは、イオングループが展開する小売事業や専門店向けの開発と運用を担う(画像出典:イオンアイビス)

2017年にSAP HANAを導入し、2018年に拡張 その動機と効果は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ