連載
» 2020年05月12日 07時00分 公開

いまさら聞けないマイナンバーカードの意義 通知カードとの違いと「妙に不便」な理由について半径300メートルのIT(1/2 ページ)

給付金関連の手続きで(ようやく)マイナンバーの必要性について認識が広がりつつあります。一方で「オンライン申請の準備のために窓口が大混雑」といった困った事態も起きています。マイナンバーは本来、さまざまな手続きをスマート化するためのシステムのはずなのですが……この何とも言えない不便さの理由とは、一体何なのでしょうか?

[宮田健,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 先日、久しぶりに「マイナンバーカード」に関する処理を行ってきました。本コラムで紹介したのは4年前の2016年のこと。時間がかかるもののさほど手間なく申請、取得できた記憶があります。しかしパスワード関連については、いまだにモヤモヤとした印象が残っています。

「マイナンバーカード」のちょっと変わった申請方法を試してみた (1/2) - ITmedia エンタープライズ

 今回済ませた処理は、マイナンバーカードの最重要項目「電子証明書の更新」です。わざわざ窓口に行って手続きをする必要があり、現在の状況を鑑みれば「この程度のものこそ、オンライン処理に対応してくれ……」と思うかもしれません。しかし筆者はマイナンバーカードの意義からすれば、これこそ自治体が対面で実施するべき処理だと考えています。

(ようやく)注目を集めるマイナンバー、オンライン申請の「罠」とは

 現在、日本国民には一人一人に固有の「個人番号」(マイナンバー)が割り当てられています。自分のマイナンバーは2015年10月以降に各世帯へ届いているはずの「マイナンバー通知カード」で確認できます。ただし、これはマイナンバーカードとは別のものです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ