ニュース
» 2020年05月14日 12時19分 公開

デジタル通貨とブロックチェーンで保険業務を自動化、東京海上日動が実証実験

東京海上日動火災保険とディーカレットは、デジタル通貨とブロックチェーンを活用した保険契約業務の自動化に関する実証実験を実施した。事故が発生した際、保険金支払い条件に合致したか否かを自動的に判定できるようにした。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 東京海上日動火災保険とディーカレットは2020年5月13日、保険料の領収や保険金支払いなどの保険契約業務を自動化する実証実験を実施したと発表した。

 実証実験の内容は、ディーカレットが構築中の「ブロックチェーン上でデジタル通貨を発行・管理するプラットフォーム」を契約者管理や保険請求の処理に活用するもの。同年3月から実施していた。

東京海上日動火災保険とディーカレットによる実証実験の概要(出典:東京海上日動火災保険)

ブロックチェーン活用で、保険金支払いの審査を迅速化する仕組みとは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ