速報
» 2020年05月20日 09時49分 公開

Bluetoothコア仕様になりすましの脆弱性、ペアリングで悪用の恐れ

発見者によると、この脆弱性はAppleやIntelなどが影響を受ける。Bluetooth SIGはコア仕様の更新で対処する意向で、それまでの間はベンダー各社が緩和策を講じるよう呼び掛けている。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Bluetoothを使ったペアリングに関する脆弱(ぜいじゃく)性について、米セキュリティ機関のCERT/CCなどが2020年5月18日にセキュリティ情報を公開した。この問題を発見した研究チームは、AppleやIntelなどのベンダーが影響を受けることを確認したとしている。

なりすまし攻撃の脆弱性について伝えるBluetoothのブログ(出典:Bluetooth)

ペアリングを悪用したなりすまし 攻撃成立の“複数の条件”とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ