ニュース
» 2020年05月27日 12時41分 公開

荒川区、特別定額給付金の管理システムをセールスフォースで構築、運用開始

東京都荒川区は「特別定額給付金管理システム」の運用を開始した。セールスフォース・ドットコムが同社パートナーの両備システムズと協力して構築した。特別定額給付金の、住民からの申請を管理したり、進捗を確認したりといった一連の業務を管理する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 セールスフォース・ドットコムは2020年5月26日、「特別定額給付金管理システム」を構築し、東京都荒川区で運用を開始したと発表した。同社パートナーの両備システムズと協力して構築した。

東京都荒川区は、郵送での特別定額給付金申請に向けた申請書の発送を5月28日に開始するとしている。(出典:東京都荒川区)

 同システムは、政府が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)緊急経済対策として実施する特別定額給付金について、区民の申請状況や進捗状況を可視化、管理する。荒川区は、給付金事務の迅速な実施と業務効率化を目的に同システムを採用したとしている。

受付から進捗(しんちょく)確認、二重払い防止など、専用機能を網羅した内容とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ