ニュース
» 2020年06月09日 12時32分 公開

デル、ネットワークOS「SONiC」を自社のネットワークスイッチ製品に実装

デルとEMCジャパンは、ネットワーキングソリューション「Enterprise SONiC Distribution by Dell Technologies」を発表、同日より提供を開始した。同製品はオープンソースのOS「SONiC」を活用し、複雑さを排除しながら、柔軟なネットワークを俊敏に構築できるという。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 デルとEMCジャパンは2020年6月8日、データセンターの運用管理を簡素化するネットワーキングソリューション「Enterprise SONiC Distribution by Dell Technologies」を発表、同日より提供を開始した。同製品は、オープンソースのネットワークスイッチ用OS「SONiC」(Software for Open Networking in the Cloud)を基にしたディストリビューションだ。同社のデータセンター用ネットワークスイッチ「Dell EMC PowerSwitch」での動作を保証する。

既存のネットワーキングの課題を、Enterprise SONiC Distribution by Dell Technologiesはどう解決する?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ