速報
» 2020年06月16日 11時38分 公開

早くもWindows 10が対応:ハードウェアでマルウェアに対抗する新技術Intel CET、次世代CPU「Tiger Lake」に搭載

CPUレベルでマルウェアに対抗する新技術「Intel CET」を、モバイル向けの次世代CPU「Tiger Lake」に搭載。Microsoftもこれに対応したWindows 10の新しいセキュリティ機能「Hardware-enforced Stack Protection」のプレビューを開始した。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Intelは2020年6月15日、CPUレベルでマルウェアに対抗する新技術「Intel Control-Flow Enforcement Technology」(以下、Intel CET)を、モバイル向けの次世代CPU(開発コード名「Tiger Lake」)に搭載すると発表した。ソフトウェアのみではマルウェア抑止が難しくなる中、ハードウェアを使った対策を支援する。

(出典:Intel)

 Intelによると、進化を続けるマルウェアに対しては、これまで主にソフトウェアを使った対策機能が開発されてきた。しかし攻撃側もそうした対策をかわす手口を進化させ、実行可能メモリから実行されている正規のコードを悪用し、プログラムの動作を変えさせる手口を利用するようになっていた。

「Windows 10」が早くも対応 入念な準備を経て提供される2機能とは

Intel CETの概要(出典:Intel)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ