速報
» 2020年06月18日 10時26分 公開

「有料版のみ」の予定だったZoomの暗号化機能、無料プランのユーザーにも提供へ

エンドツーエンド暗号化機能は有料プランでのみ提供するとしていたこれまでの方針を撤回。無料プランでもオプションで利用できるようにする。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Web会議サービス「Zoom」を運営するZoom Video Communications(ZVC)は2020年6月17日、Zoom会議のエンドツーエンド暗号化(E2EE)機能について、有料プランでのみ提供するとしていたこれまでの方針を撤回し、無料プランも含めて世界の全ユーザーに提供すると表明した。

E2EE機能の提供方針について伝えるZVCのエリック・ユアンCEOのブログ記事(出典:ZVC)

 Zoomにさまざまなプライバシー問題やセキュリティ問題が相次いで判明したことを受け、ZVCはセキュリティ強化に力を入れている。E2EE機能については5月22日に設計のドラフトをリリースした。ただ、この時点では、E2EEは有料プランのみで提供する計画だった

多要素認証も活用 気になるE2EE機能の開始時期と内容は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ