ニュース
» 2020年07月09日 09時58分 公開

新型コロナウイルス便乗のビジネスメール詐欺、Microsoftがドメイン制圧

Microsoftは法的措置を講じて世界62カ国で犯行に使われていたドメインを制圧し、新型コロナウイルスに便乗する詐欺を阻止した。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年7月7日、新型コロナウイルス感染症(DOVID-19)に便乗した犯罪集団に法的措置を講じたと発表した。世界62カ国で犯行に使われていたドメインを制圧し、サイバー攻撃を阻止したという。

COVID-19に便乗したフィッシングメール COVID-19に便乗したフィッシングメール(出典:Microsoft)

 Microsoftによると、同社のデジタル犯罪部門が最初に同種の犯行に気付いたのは2019年12月。犯罪集団は高度なフィッシング詐欺の手口を使ってMicrosoft顧客のアカウントに不正アクセスし、電子メールや連絡先リスト、機密情報などを盗み見しようとしていた。Microsoftはこれを阻止するための技術的対策を講じ、攻撃に使われていた悪質なアプリケーションを無効化したという。

ユーザーを狙う悪質な手口に対し「法的措置」でドメイン制圧。具体的には?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ