ニュース
» 2020年10月16日 16時30分 公開

Computer Weekly日本語版:機械学習の誇大宣伝と現実プレミアムコンテンツ

特集は機械学習の企業導入の現実とCI/CDパイプライン活用術。他にPowerPoint文化からの脱却を目指しアプリを活用するモレスキンの事例、オープンソースを搾取しているという批判へのAWSの反論などの記事をお届けする。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 Computer Weekly日本語版 2月5日号は、以下の記事で構成されています。

■2030年までに「感覚のインターネット」が主流になる?

 2030年までに没入型エクスペリエンスが主流になり、現実と区別できなくなると考える人が多いことが分かった。

■Kubernetes向けオープンソース管理ツールスイートSaaS登場

 Kubernetesの運用管理に役立つオープンソースツールなどを統合したSaaSが登場した。

■オープンソース利用方法の批判報道にAWSが反論「全く筋違いの主張だ」

 New York Timesの報道に、AWSは「全く筋違いの主張だ」と反論した。

■モレスキンのツール&アプリが提案する「PowerPoint文化からの脱却」

 モレスキンの製品は“PowerPoint疲れ”している企業文化に一石を投じる。

■氾濫する機械学習アプリケーションと誇大宣伝と現実

 多くのサプライヤーが機械学習アプリを製品化し、誇大宣伝を繰り返している。

■継続的な改善の基盤となるCI/CDパイプライン活用術

 CI/CDパイプラインにどのような機能を持たせるか。識者の意見を聞いた。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

Computer Weeklyは、IT戦略やセキュリティ、モバイルコンピューティング、ITアウトソーシングなどの各種分析、事例、インタビュー記事を週刊で配信している1966年にイギリスで創刊されたITプロフェッショナルに向けた媒体で、2011年5月より、米国TechTarget社がデジタルマガジンとして発行しています。


TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録をすることで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ