ニュース
» 2020年12月21日 07時00分 公開

IBMがWatsonに自然言語処理の精度を向上させる新機能 企業のAI活用を支援

IBMは、同社のAI技術「IBM Watson」に、AIの自動化の改善と自然言語処理の精度向上、AIによる予測の信頼度向上を目的とする2つの新機能を追加した。今後は、企業のAI活用を支援するコンサルティングサービスも提供する予定だ。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IBMは2020年12月9日(現地時間)、同社のAI(人工知能)技術「IBM Watson」に、「Reading Comprehension」と「FAQ Extraction」という質疑応答に関連した2つの新機能と、新たなインテント分類モデルを追加した。AIの自動化の改善と自然言語処理の精度向上、AIによる予測の信頼度向上を目的とする。

自然言語処理技術を活用 より複雑なニーズに応える新機能とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ