ニュース
» 2020年12月24日 07時00分 公開

運転内容をクラウドで可視化 「正確で公平な」ドライバー指導向け新サービスとは

セイコーソリューションズは、法人向け安全運転支援クラウドサービス「Drive Cloud+」の提供を開始する。加速度や位置、車速、車間距離、車線変更などの各種データを自動収集して運転状況を可視化することにより、安全で効率的な運転管理を支援する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 セイコーソリューションズは2020年12月25日から、安全運転支援クラウドサービス「Drive Cloud+」の提供を開始する。同サービスは、リース会社やレンタカー会社などの多くの車両を管理する企業に向けたものだ。販売価格は要相談となる。

ドライブレコーダーとDrive Cloud+のダッシュボード(出典:セイコーソリューションズ)

ドライバーごとの運転状況を可視化 危険運転を検知する機能も

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ