ニュース
» 2021年01月21日 16時51分 公開

FreakOut攻撃とは? 攻撃が成功する確率を高めたマルウェアに注意どれか1つミスがあれば攻撃可能?

Linuxベースのサーバやデバイスを侵害し、botネットを構築する新しい攻撃キャンペーンおよびマルウェア「FreakOut」が発見された。複数のソフトウェアの脆弱性を利用しており、どれか一つでも該当すれば侵害を受ける可能性がある。

[後藤大地,有限会社オングス]

 Check Point Software Technologies(以下Check Point)は2021年1月19日(現地時間)、自社公式ブログにおいて「FreakOut」と呼ばれる、Linuxベースのサーバおよびデバイスを標的とした攻撃キャンペーンおよびマルウェアを確認したと伝えた。

 Check Pointによると、攻撃者はこの攻撃キャンペーンにおいて短期間で多くのデバイスを侵害し、それらにbotネットを組み込んでDDoS攻撃や暗号通貨マイニングを実施できるようにしたという。Check Pointはこの攻撃が今後さらに広がる可能性があるとしており、注意を呼びかけている。

Linux users should patch now to block new 'FreakOut' malware which exploits new vulnerabilities - Check Point Software Linux users should patch now to block new 'FreakOut' malware which exploits new vulnerabilities - Check Point Software

FeakOut攻撃が狙う3つの脆弱性、ターゲットと対策は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ